ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.06.30 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.10.13 Thursday

激流 plugging #2

いつもの激流河川。

僕のエレキは36ポンドなので今回もフクさんにお世話になる。

 

   

 

前回来た時よりも少し上流からエントリー。

水位はかなり低くなってる。

減水してくると出てくるここ特有?の土壁エリアで

流れも緩くここ出そうだねって言ってるとフクさんの操るプラグが水面から消える。

 

   

バルサ50/ホッツィートッツィー

 

早々に釣れるもこの後はまったく反応がなくなり修行の時間になる。

平日、しかもこんなにも釣れないのに人は多い。

先週あたりはかなり調子が良かったみたいだしメジャーフィルドだしね。

 

   

 

朝あんなに寒かったのに日中は汗ばむほどの陽気になり

時間は12時を少し過ぎたあたりでここから怒涛のバイトラッシュが始まる。

 

   

ヒヨコブランド/ドリラーHI-FI

 

   

同じくドリラー

 

   

またまたドリラー(笑)

 

反則なプラグだけど流れの速い所ではやっぱり強いね。

僕も写真撮るまでもないサイズを何匹か(笑)

しかしサイズはともあれかなりのバイトラッシュだった。

これが秋の荒食いなのかな?

 

   

 

気が付けばもう10月。

あともう1回行きたいな。

2016.09.18 Sunday

Saturday plugging

普段は平日釣行がメインなんだけど土曜日にフィールドに行くこともたまにはある。

ずいぶん前から計画を立て家族にOKが出てからじゃないと行けないレアな釣行。

 

   

 

今回のお相手はヒロシくん

知り合ったのはずいぶん前なんだけど二人でやるのは意外にも初めて。

色々な部分で良い刺激をもらってて一緒にやるのが楽しみだった。

 

場所は雰囲気だけは最高のいつものホームリバー。

明るくなるのが遅くなってきたり葦の色が茶色っぽくなってきたりで

少しづつ秋へと近づいて来ているのがわかる。

職業柄、冬のpluggingはやらないから茶色い景色は僕的には寂しかったりもする。

 

そんな中ヒロシくんが早々にやってくれた。

 

                        

         ザウルス/マンボー

 

なぜか写真に収めることを忘れてて(笑)ヒロシくんのを借りました。ありがとう。

天気もいい感じだし今日はいいんじゃない?と思うも

 

   

 

日が出てきてまさかのピーカンに。

それでも淡々とキャストを繰り返す僕ら。

ヒロシくんは操作系のプラグを良く使っていたなぁ。

見ていて気になったのはニンナのトルト110。

幅の広いスケーティングとダイブやターンの切れに甲高いラトル音。

その動きに欲しくなってしまったのは言うまでもない(笑)

そんなヒロシくんのボックスの一部はこちら。

 

   

 

トートバックの中にペンコのボックスをまとめて荷物をコンパクトにしてて

こういうところも人それぞれで面白いね。

 

お風呂に昼寝をはさみ、久しぶりに一日やったけど結局この1匹で終了。

僕は釣れなかったけど今回のpluggingでヒロシくんからまた良い刺激をもらった。

次回の僕のボックスにはペンシルが多めに入ってるのは間違いないかな(笑)

 

 

2016.09.06 Tuesday

激流 plugging

この時期恒例の激流河川。

 

   

 

そして一か月ぶりのplugging。

しかも午前中だけなので焦る気持ちを抑え明るくなるのを待ってから準備開始。

 

   

 

お相手はフクさん。

春先から行こう行こうと約束していたのだけれど

仕事の都合だったり家庭の事情だったりでなかなか予定が合わずこんな時期になってしまった(笑)

 

久しぶりに浮くここの川は相変わらず流れが速い。

なのでチャッチャアクションが基本となる。

もちろん流れが緩く淀んでいる所は丁寧にアクションさせる。

すると早々に反応が。

 

   

ワイルドダンサー/エクセレントゾウムシ

 

サイズはイマイチだったけど嬉しい激流バッス。

自分で言うのもあれだけどレッドヘッドってやっぱりかっこいい。

 

   

 

激流河川ならではの浅い所を回避しながらの釣り。

するとフクさんの操るプラグに怪しいバイト。

 

   

トップウォータージャンキー/チクタク

 

見事な雷魚(笑)

いやいやこのサイズはちょっと怖い。

 

   

 

この後はさっぱり反応がなくなったけど

久しぶりにあーでもないこーでもないって色々話してると気が付けばもういい時間。

最後に釣れた辺りを流すもバイトのみでタイムアップ。

 

   

 

上流域はまだ濁りが残っていて泥っぱねが半端なく着ていた白いTシャツは泥だらけに(笑)

もう何日かして水が落ち着けば状況が良くなるかも?

まぁでも久々の流れの速いpluggingは楽しくできたから良かったかな。

僕もいつか55ポンドのエレキ買って通ってみたいな。

2016.08.02 Tuesday

NEW GRIP

今まで使っていたのはうらしま堂さんのフィリプソンタイプのもの。

ザウルスやスローテーパーのものはグリップ部分が微妙に長く自分の手にはしっくりこなかった。

こちらの方が値段も安いしね。

まぁバレットヘッドが好きっていうのもあるかな。

 

しかし昨今のタックル軽量化で軽いグリップが気になりだしてブライトリバーのチャッカーのROTTON別注のルーシーを購入。

できればもう一つ欲しかったけれど別注のためもう売っていない。

そこで気になったのがこれ。

 

   

scream/Glide

 

気になっていたところに縁あって新品と中古を手に入れることができた。

 

   

 

上が新品で下が中古。

 

   

 

この中古の方が新型なのに古く見える(笑)

あまりに汚れが酷いのでピーカルでキレイにしネジや爪のところにグリスを注入。

 

   

 

アルミヘッドに変えようと思っていたけどコルクヘッドも悪くない。

シルバー×シルバーも思っていたよりもカッコいいし

しばらくはこれで決まりかな。

2016.07.30 Saturday

真夏 plugging

子供が夏休み中は極力釣りには行かないようにしてるが

ぽんっと時間が出来たので急遽ホームリバーに浮いてきた。

 

   

 

ホームリバーとは言っているが今シーズン浮くのはまだ2度目。

正直なところ二人とも釣れるとは思ってなく

新しく手に入れたプラグやタックルを試したくてわざわざ来たって感じ(笑)

 

しかし予想に反して早々にバイトをもらい

あれ?今日調子いいんじゃない?的な空気が流れる。

 

その後もバイトはもらうが魚が小さいのかなかなかプラグが消し込まない。

バイトをもらったプラグを根気よく使い続けてようやくプラグを持って行ってくれたけど・・・

 

   

 

このサイズ(笑)

今シーズン遠征先以外ではサイズに恵まれていないけど嬉しい一匹。

 

   

 

予報は曇りだったけど日も出て気温もぐんぐん上がり汗がだらだら流れてくる。

あまりの暑さと日差しの強さに身の危険を感じて早々に撤収。

 

短時間だったけど魚の姿も見れて楽しいplugginngができた一日。

この時期フィールドに行かれる方は熱中症に注意してくださいね。

 

2016.07.07 Thursday

北の聖地 plugging

遠征最終日。

 

天気予報はまさかの曇り。しかも無風。

相方とどうする?どうする?と作戦会議を開いた結果2日目の朝と同じ条件なら

一番反応の良かった所がいいんじゃない?ということで結局いつものエリア(笑)

 

   

 

終了時間を8時に決めてぷかり。

今日はおいしいところだけうっていく作戦。

前回反応の良かった所まで一気に移動する。

 

   

この景色も当分見れないと思うとちょっとさみしい。

 

ボートを進めていると雷魚が見えたり相方がナマズ釣ったりでこの遠征の中で一番魚っ気がある。

すると相方の操るプラグがスっと消える。

 

   

ワイルドダンサー/ビッグディール

 

もうリップものしか使えない。

移動距離の少ないアクションがいいならと思いリスキージャイブをチョイス。

着水してアクションさせたらプラグが弾かれる。

けれども慌てずまたアクションをつけ始めた途端にガボっ!!

 

   

ワイルドダンサー/リスキージャイブ

 

追い食い。

今日は魚の食い気もいいみたいで出方もいい。

 

そういえばまだリップものあったなと思い出しボカプルをチョイス。

相方がミスキャストしたのを見逃さずナイスキャストでボカンっ!!

 

   

トップブリッジ/ボカプル

 

カマ掘り(笑)

 

このエリアは岸がコンクリートで接岸されていてそこに葦が絡んでる場所。

足場の下には鉄板が入っている。

こういう何もないような所はデカバスがいるんだよ〜と相方が言いキャストしたプラグをアクションさせるとホントに出た!

 

デカイのか?

 

 

 

   

ワイルドダンサー/ビッグディール

 

小っさ(笑)

 

名誉挽回のためにその鉄板と葦の絡んだポイントを譲ってあげるとまた出た!

 

   

ワイルドダンサー/ビッグディール

 

今度はナイスサイズ。

エリアを絞ったとはいえ釣りが上手くなったと錯覚するくらい反応がいい。

ミスキャストしてもそこでしょって所にもう一度キャストしてアクションさせるとしっかりと結果が出る。

 

   

ワイルドダンサー/エクセレントウィグラー改

 

この時点でまだ7時。

近年稀に見る釣果。これがあるから遠征はやめられない。

 

釣れない厳しい渋いと言われる最近の聖地。

確かに昔に比べるとフィールド自体がタフになって年々釣れなくなってきているのかもしれない。

でも今、日本のフィールドで簡単に釣れる所なんてないし

そもそもトップウォーター縛りでの釣りなんてそうそう釣れるものではない。

それでも僕らは8時間かけてここまで来る。

広大なフィールドでpluggingがしたいのか美味しい食べ物が食べたいのかここの地元の友人に会いたいのか

それとも純粋にtopwater pluggingを楽しむことが出来る数少ないフィールドだからかはわからない。

一匹の魚とどうかかわるか?

すべてはこれに尽きるのかもしれない。

 

 

2016遠征終了。

 

2016.07.05 Tuesday

北の聖地 plugging

3日目朝マヅメ。

 

前日調子の良かったエリアへぷかり。

ピーカン風ありだからか反応はイマイチ。

でも昨日の教訓を生かすべくキープキャスト。

 

   

ニンナ/トラフ

 

風が当たっていたので少し音があった方がいいかなと思ってたら食ってきた。

 

しかしここから修業が始まる。

天気が良すぎて風は強い。

こうなるともう手も足も出ないので早めに撤収。

 

夕マヅメにになっても状況は変わらず風裏を計算しエリアを考える。

 

   

 

ここはあのプラグでだしたよねとかここの水路はわざわざオカッパリしたよねとか

昔話と過去の実績場所を攻めても完全ノーバイ。

 

1日して釣れない聖地に逆戻り。

 

 

3日目終了。

 

 

 

2016.07.03 Sunday

北の聖地 plugging

遠征2日目朝マヅメ。

僕らが大好きなエリアに入る。

 

   

 

昨日とは打って変わって無風。

いつも通り外回りから攻めていく。

すると早々に相方がやってくれた。

 

   

ワイルドダンサー/ビッグディール

 

まずは遠征初バス。

相変わらずのここらしくないスっと持っていくバイト。

いや今はそれがここらしいバイトなのかも。

 

ある程度外回りに見切りをつけ対岸の内回りへ。

釣りたいオーラが出ているのか今まで反応のなかった僕のプラグもスっと持っていかれる。

 

   

ワイルドダンサー/ビッグディール

 

小さいけど嬉しい遠征初バス。

これで少し肩の荷が下りた。

 

こういう食い方の時はリップものが大抵の場合当たる。

 

   

ワイルドダンサー/エクセレントウィグラー改

 

丁寧なヒョコヒョコアクションでスっと食ってくる。

するともうリップものしか使えない感じになる。

 

   

ワイルドダンサー/ビッグディール

 

連続トゥイッチからのダイブさせヒラを打ちながらユラユラと水面に出る直前にに食ってきたナイスバス。長いね(笑)

水面に少し入るアクションとつんのめりながらへこへこ移動距離の少ないアクションが◎。

 

   

ワイルドダンサー/ビッグディール

 

そういうアクションが完全に当たってる。

釣れない厳しいと言われていてもローライト&無風ならやはり反応はいい。

その高いポテンシャルはやっぱり聖地。

 

しかもここ数年はわりとグッドサイズが釣れるようになってきたと思われる。

けれどもここでの僕たちのマックスは48。

2センチの壁がものすごくデカく感じる。

 

しかしとうとうその壁を超える瞬間に立ち会うことが出来た。

 

   

ワイルドダンサー/エクセレントウィグラー改

 

50UP!!

ロッドはブン曲がってたしネットで掬ったら尾っぽがデロンってはみ出してた。

そして何より重かった。

 

記録更新おめでとう。

そして朝マヅメ終了からのこの方々とさくら亭にてお昼。

 

 

ペアルックなのに離婚危機らしい(笑)詳しくはこちらで

 

楽しくご飯を食べ昼寝からの夕マヅメは普段はやらないエリア。

ヌノさんとの情報交換でここちょっと気になるねって感じで浮いてみる。

 

普段午前釣行の多い僕にとっては夕マヅメはかなりの苦手。

うてどもうてども反応はない。

僕の心が折れそうになった時に相方がやってくれた。

 

   

 

デカイの釣って心に余裕があるのでファイトシーンをパチリ。

 

   

ワイルドダンサー/エクセレントウィグラー改

 

葦のシェードを丁寧にうっていった結果ですね。

やはりキープキャストは大事だと思い知らさせる。

 

 

 

2日目終了。

 

2016.07.01 Friday

北の聖地 plugging

ここ数年では釣れない釣れないと言われている聖地。

通い始めて10数年。

このフィールドまで高速も通ってなくコンビニすらなかったねなんて昔話をしながらのんびりと向かう。

 

   

 

相方とは10年以上の付き合い。

なのでスムーズに準備が出来る。

 

   

 

初日の夕マヅメ。

ピーカン、風若干強し。

しかし初日なのでまだまだ笑っていられる。

 

   

 

過去の実績と風裏を考慮し選んだエリア。

しかし面白いほど反応はない。

 

   

 

毎回のように言っているけどこの大きい空の下でのpluggingは格別。

それだけでも来る価値のあるフィールドだと僕は思っている。

もちろん釣れれば言うことないがそれだけではない何かがここにはある。

 

   

 

明るく撮れてはいるけれど19時近くまでキャストし続けたけど完全ノーバイト。

さすがにそんなに甘くはない。

 

ここは釣れない聖地。

それでも僕らにとっては特別な場所。

 

 

 

初日夕マヅメ終了。

 

2016.05.31 Tuesday

土砂降り plugging

前回の釣行で同じ川に入っていた人のブログではXデーなんて言われていたけどそれにはほど遠い釣果。
実際バイトは結構あるもののショボくプラグを消し込まないものばかり。
しかし週末の天気は下り坂でこれがいい具合に向かえばと思い今回も同じ川へぷかり。

                               

いい感じの雨と暖かさ。
これで魚の活性が悪いわけがない。
すると相方が早速やってくれた。

   
ワイルドダンサー/ビッグディール

この後も同じプラグでかけるもバラし。
これは今日やばいんじゃない?
もしかして今日が僕達のXデーなんじゃない?と思ったのも束の間。
雨がざーざー風がビュービュー(笑)

   

あまりにも雨が強いので少し休憩しさらに上流へ向かうもショボバイトのみ。
折り返して下りながらうっていくけどあまりの釣れなさに一旦上がることにしエントリーポイントを目指す。
でも美味しそうな所はちょいちょいキャストしててなんで出ないんだよ〜とやさぐれていたところに今日いちのバイト!

   
ワイルドダンサー/リスキージャイブ

着水して連続ターンでガボっと出てくれたヤングバス。
これがあるからこの釣りは面白い。

次のpluggingは土砂降りじゃなきゃいいな〜。
 
Powered by
30days Album
PR